天拝山 (Q11442639)

Summary from 日本語 / Japanese Wikipedia (jawiki)

天拝山(てんぱいざん)は、福岡県筑紫野市にある標高257.4mの山。山名は、平安時代前期に昌泰の変で大宰府に左遷された菅原道真が、自らの無実を訴えるべく幾度も登頂してしたという伝承に由来する。古名は天判山(てんぱんざん)。昔はススキだけが生え木が無かったが、黒田長政の家臣である小河内蔵充が郡司となったときに植樹し、全山を樹木に覆われる山にしたという。

Wikidata location: 33.4817, 130.5062 view on OSM or edit on OSM

matches

login to upload wikidata tags

found a single match candidate

node: 天拝山 (OSM), 15 m from Wikidata [show tags]
ele: 257.4
name: 天拝山
natural: peak

Search criteria from Wikidata

view with query.wikidata.org

mountain (Q8502) natural=peak